東海高校男声合唱団OB会 「杏の会」

“東海らしさ”が出た演奏会
       2019杏の会コンサートに300人の観客

 
現役生ステージ


杏の会ステージ


杏の会・現役生 合同ステージ

 8月24日(土)伏見の電気文化会館 ザ・コンサートホールで3年ぶりの杏の会コンサートが開催された。
 この日に備えて昨年11月から合計13日間の練習を重ねた杏の会メンバーは28人。メンバーも体調の悪い人など2016年の顔ぶれから入れ替わりもあったが、その中で平成6年卒の藤田裕久さん、後藤和広さんが参加したことは、他のメンバーの喜びである。

 第一部の「若き芽のコンサート」は今年10人と3回目でこれまでで一番多い応募があり、その中から4人を選出した。他の6人も実力は拮抗しており、レベルが高くなったという実感がある。

 第二部は「前回同窓会賞受賞者演奏」。前回同窓会賞の木村一輝さんは今はプロとして活動している。

 第三部は東海中学校・高等学校男声合唱団。高校生4人、中学生4人の部員たちは、年間20ステージに出演しているそうで、少人数ながらしっかりしたハーモニーを聞かせた。

 第四部「男の想い」はオペラやミュージカルのアリアや名曲を杏の会が歌った。ポピュラーなメロディーとは裏腹に、テーマ以外のパートのメロディーは 難しく、しかも聞かせどころ。知人の感想は「男声合唱らしく、重厚で迫力があった」というものが多かった。

 特別アンコール曲「音楽の扉」は、龍神邦男さんが顧問をしていた1982年の定演で歌われて以降、東海の定演のアンコールの定番として歌い継がれてきた名曲である。
 卒業に際して高校の合唱部(音楽部)の思い出を歌ったこの曲を、今回現役生と合同ステージを持ったことは、会員の胸に大きな感動を残した。
 「音楽の扉」は、杏の会の昭和と平成に、虹の橋を架けた。

 また、コンサート後の打ち上げには「音楽の扉」の作詞・作曲者の山田洋子さんも参加してくださり、山田洋子さんのピアノ伴奏で「音楽の扉」を合唱し大いに盛り上がった。その模様を昭和46年卒浅井裕之さんが録画しYoutubeに限定公開してくれている。打ち上げ参加者はこの思い出も共有してほしい。
この動画は会員専用ページからリンクされています。
(パスワード等不明の方はお問い合わせください)

2019杏の会コンサートのチラシができました

2019杏の会コンサートのチラシができました。
必要な方には6月15日、総会の時に配布しますが、それ以外の時には栗山まで、申し出てください。
総会、またはコンサートの練習に参加されない方でチラシが必要な方は事務局までメールでお問い合わせください。

PDFファイルはこちらからダウンロードできます。
2019コンサートチラシPDF<おもて面>  2019コンサートチラシPDF<うら面>

 

2019杏の会コンサートに向けて

 S53年卒龍神邦男さんによる音取り練習を経て、指揮者のS43年卒向川原愼一さんの練習も2回目となった5月11日の練習風景です。総勢約20名が「男の想い」を歌い上げています。向川原さんによる曲想も大分表現できるようになってきました。ピアノ伴奏は今回もS53年卒河合毅彦さんの素晴らしい演奏です。





この5月11日の練習風景の動画をS46年卒浅井裕之さんが掲載してくださいました。
会員専用ページからご覧いただけます。
練習に出席された方の復習と、欠席された方への自習の参考になればとご案内します。
(会員専用ページです。パスワード等不明の方はお問い合わせください)

これから2回の合宿練習を重ねて仕上げていきますが、この練習風景の動画を見ればまだまだ十分に間に合います。どの曲も有名な曲であり、かつとっても歌いやすい編曲となっています。 杏の会コンサートで歌いたい方を歓迎します。一緒に盛り上がっていきましょう。


<過去記事1>
 <過去記事2> <過去記事3>


《杏の会事務局のお問い合わせおよび連絡先》
左のメニューの「問い合わせフォーム」をご利用いただくか、
メールアドレス: info@anzunokai.net へどうぞ

トップページ

第6回 杏の会演奏会 概要

トピックス

問い合わせフォーム

リ ン ク

会員専用ページ(ID・パスワードが必要です)

同窓会会報掲載再録「杏の会とは」

新着情報

■“東海らしさ”が出た演奏会
 2019杏の会コンサートに300人の観客